123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2016-01-28 (Thu)


書店で気になっていたものの読んだことのない作家さんだったので躊躇しておりました
それに「泣ける」という本や映画口コミを見ると構えてしまうので手が出なくなります

しかし友達と話をしていて・・泣けて泣けて・・持ってるから貸すよ!!と言われたこの本


題名からするこのグロテスクさ?とは全く違い、確かに確かに泣いてしまいました
不覚にも・・です
それは主人公の年齢設定にあるのかもしれません
すっかり本音と建前や汚れたものを見てしまった私にとってあまりにピュアすぎるというのでしょうか?

長渕剛野の「お前の血液になりたい・・・」これと同じものを感じました
* Category : 書籍.DVD.映画.音楽
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する