123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-01-17 (Sat)
もう20年なのでしょうか?
まだ20年
しかし、ここ最近は毎年天災ばかりです
集中豪雨・地震
人間の力なんて自然には全く及びません
私は阪神淡路大震災の時実家でした
震源地から離れていたため被害はなく、使用電車は遅れながらも運転していましたので
勤務する大阪まで向かいました
しかし地下鉄は運休
時間を追うごとに災害状況がテレビで放送され・・・
私の知っている神戸の町は見たことのない姿になっていました

東日本大震災の際はTDLに行っていてここでもまた地震に遭ってしまいました

今自分に出来ること、
それ忘れないこと
風化させないこと
人間の力がいかに小さいかということ
だけど人間だからこそ出来ること
希望を持つこと

何かを動かすには私の力はあまりにも小さいけれども
きっと沢山集れば大きな力になる
そんなふうに思います

黙祷
* Category : 未分類
* Comment : (4) |

conigliaさんへ * by ローズキャッツ
お返事が遅くなりごめんなさい
長田区は私も仕事で訪れた町なので、本当にショックでした
神戸の街並み、しばらくの間、がらっとしていましたね

職場に遅れる~
怒られる~とあわてて出社したものの・・地下鉄などが動いてなかったため
社長と数名だけでした。
テレビをつけるとどんどん、状況が分ってきて・・
そんな中「荷物が届かない。どうしてくれるんだ!」という電話がかかってきてそれにはさすがに
「今関西はそれどころじゃない!」と社長が怒っていたのを覚えています
最近では全国各地で地震や集中豪雨が起こっているので、他人事と思わずにいたいと思います

忘れた頃にやってくるというので・・
いつも心の片隅においておかなきゃね

悟風さんへ * by ローズキャッツ
お返事が遅くなりごめんなさい
そうですよね・・・
南海トラフと地震が言われていますね
日本、どこに住んでいても天災がありますものね
忘れた頃にやってくるのでいつも心のどこかにとどめておかなきゃと思っています

もう20年 * by coniglia
こんばんは。
ワタシは当時神戸の須磨に住んでいて、寝ている時
あの大震災にあいました。
この世の終わりだと本気で思いました・・・

しばらく布団の中でうずくまっていましたが、やがて外で
「ガスが出てる!」という叫び声が。
パジャマのまま床に散らばったガラスの破片を避けて
ドアが開くかどうかをまず確認し、そのまま外へ飛び
出しました。
町は壊滅的で、まるでテレビで見た戦場のようでした。
携帯電話もない頃でしたので電話ボックスに長蛇の列が出来ていました。

火災の激しかった長田区が隣で、夜も赤々と明るく
恐ろしかったのを今でも覚えています。
水もなく、一ヶ月もお風呂に入れずトイレも外でしました。
もちろんテレビもつかないので、今自分たちの状況が
どうなのかなんなのか全くわからず不安でした。
全国ニュースを見てこんな状況だったんだ・・・と全体の
理解が出来たのは数ヵ月後のことでした。
デジカメもない頃でしたので記録もほとんど残ってない
ですね・・・

20代の若い頃でしたがその時に何かはじけたというか
肝が据わった気がします。
大きなことはわかりませんがまずは身近な家族をどう
守るか、どう逃げるかを考えています。

天災 * by 悟風
阪神淡路大震災から今日で20年。
速いと言えば早いけど。。。その間にも豪雨やら東北の大震災やらと、相変わらず日本を襲って来る天災にはどうしようも無いですね。
近い将来には最強の地震も起こり得る予測も在り、他人事ではない現実の脅威!
如何に命を守るかがポイントなのかナ・・・
過去の経験を検証する日ですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する